アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
神室院武蔵坊瑞泉
ブログ紹介
毎日の日記かわりに、いろいろなジャンルでエッセイをつづります。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
危険な米朝チキンゲーム 瀬戸際ミサイル外交お裏側
危険な米朝チキンゲーム 瀬戸際ミサイル外交の裏側 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/15 00:11
ポスト事実のアナーキー 空想vs科学vs信用の真実
一向に跡を絶たない「オレオレ(なりすまし)詐欺」には、巧妙に真実を演出する劇場技術があります。一度本当だと思い込んだ被害者は、虚構の世界にはまり込んで抜け出すことは至難のようです。肉親への善意の行いのつもりが、大金を貢いでしまう残念な結果に。騙しのテクニックの神髄は、いかにもありそうな切迫した本当らしさをフェイク (演出)するトリックにあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/05 23:11
日本でイスラム過激派テロ? その可能性を論考
ロンドンでまた、自動車の暴走とナイフを振るってのテロ事件が再発しています。中部のマンチェスターでイギリス国籍リビア系二世による自爆テロが起きたばかりです。テロ犯罪を未然に防止することは、極めて困難です。宗教活動には積極的ではなかった若者が突如として過激なイスラム聖戦思想に染まり、凶暴なテロリストに変身するのはなぜなのか。テロを根絶する手立てはないのか。答えはなかなか見つかりそうもありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/05 23:25
超豪華列車の終着駅 リッチビジネスの暗雲
JR九州の「ななつ星」に続き、JR東日本は今年5月1日から「四季島」を、JR西日本は同6月17日から「瑞風」と名づけられた超豪華な寝台観光列車の運行を開始します。いずれも工芸技術の粋を結集した内装設備と洗練されたデザインの外装が呼び物。破格の高額で提供される極上の「おもてなし」が、富裕層の人気を集めています。リッチビジネスの成功例として、クルーズ船や豪華旅客機から宇宙旅行まで続々と追随するようです。一見おめでたいかぎりの贅沢三昧といえますが、果たしてそれでよろしいのか。小さからぬ疑義を感じていま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/18 23:00
トランプ就任演説の恐怖 事実上の専制宣言か
21世紀の世界的な政治奇観であるドナルド・トランプが米大統領に宣誓就任しました。宇宙中継による就任演説を視聴し、あらためてその凶相に似合った恐怖にみちた事実上の独裁専制宣言と受け取りました。建国の理念を確認することもなければ、地球規模での貧困、圧制、難民、環境、資源枯渇に言及することも皆無でした。言論の自由、民主主義、人権擁護にも沈黙です。ただイスラム過激派を地上から抹殺するとの一言のほかは、米国第一、偉大さ再現とのまことの空疎な大見得だけでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/22 00:15
慰安婦少女像という大迷惑 反日運動の虚妄
日本軍により拉致され性奴隷とされたとする少女像が、日韓外交のきわめて重大なトゲとなりました。釜山の日本領事館前に新たな少女像が設置されたことに対し、韓国駐在日本大使と釜山駐在総領事を日本外務省は一時帰国させることにより、不意快感を表明する事態にまで発展してしまったのです。しかしこれは、国際的舞台における奇観でしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/12 10:37
核抑止力という錯覚の神話 核禁止条約成立への条件
国際連合総会の第一(軍縮)委員会は10月27日、核兵器禁止条約について来年3月から交渉を始めようとの決議を、賛成123カ国により採択しました。反対は米露英仏など核保有国にくわえ日本など38カ国、中印パキスタンなど16カ国が棄権しました。年内の総会可決は必至です。核兵器禁止が果たして実現できるか、それは核兵器廃絶への国際世論が世界規模で拡大できるかどうかが、決め手になるように感じています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/31 23:03
大人になれない子どもたち  成熟拒否の病理
今回の参議院選から選挙権年齢の18歳への引き下げが実施となりました。新たに約240万人に投票権が与えられました。鳴り物入りで実施されたこの選挙は結局、18歳で51・17%、19歳で39・66%との低調な投票率となりました。全体の投票率54・70%と比べ、期待外れにとの見方もあるでしょう。しかし彼らの多くは政治的にも未熟なまま放置されてきました。十分な準備期間もなければ選挙への自覚や政治的学習の用意もありません。当然すぎる結果なのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/17 23:27
アメリカ民主政治の終焉か トランプという危機
ドナルド・トランプという大富豪の実業家が米共和党の次回大統領候補者となることが、確実となりました。この新型政治怪獣が、次期大統領に選出される可能性は、決してゼロではありません。まさにこの点で、アメリカの健全にして民主的な政治体制が危機的な終焉を迎えるのでは、との懸念が拡大しています。もしトランプ候補が当選するという事態となれば、米国の民主主義および健全な保守主義体制は崩壊し、これまでにない新型のファシズム独裁政権が成立してしまうでしょう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/09 22:33
新段階のイスラム過激派テロ その撲滅策について
米カリフォルニア州ロサンゼルスに近いサンバナディーノの障害者支援福祉施設で12月2日、14人が死亡、23人が負傷する乱射テロ事件が発生しました。犯人のパキスタン系のイスラム教徒夫婦の二人は、逃走中に警官隊との銃撃戦で射殺されました。 これより前、パリの中心市街など数位か所で11月13日(金)の夜、イスラム過激派による大規模かつ組織的な同時多発テロ事件が発生しました。治安警察との銃撃戦および自爆などで犯人7人が死亡。一般市民ら死者130人、重軽傷者368人という大惨事に、大きな衝撃がひろがってい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/08 22:12
近代科学のリスクと恐怖 原爆から人工知能へ
第二次大戦中に原子爆弾の開発研究に従事していた科学者達は、自分達の研究が戦争勝利のためには絶対に必要なものだと信じていたでしょう。しかし、1945年8月6日の原爆攻撃から生き残った者の立場からいえば、この極めて過酷で非人道的な核兵器の開発者が人類への第一義的な犯罪者ではないか、と感じています。原爆の非人道的かつ絶大の威力を知りながら、非武装の民間人を攻撃するよう命じた最高指導者が、もっとも重大な責任があることはいうまでもありません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/27 22:34
NUKE IS CRIME
PLEASE LISTEN TO A CRY OF A NUKE SURVIVOR IN HIROSHIMA. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/01 20:49
現代アートという憂鬱 公共景観の占拠と破壊
新国立競技場の建設をめぐる問題は、その巨大な費用もさることながら、イラク人建築家ザハ・ハディド女史のキールアーチという奇抜なデザインにあると感じていました。その採用決定には、現代アートとしての建築や彫刻が都市の公共的な空間を私的意匠によって占拠し汚染し破壊してしまうことへの、全く能天気な無関心さが露呈されています。ごく私的な仲間内や業界内でしか通用しないはずの評判や名声を、公共空間において誰彼をもアートという名の下で強制的に受容させる仕組みが、典型的に機能しているといえるでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/25 11:15
カワイイの憂鬱 幼児化社会の衰退構造
世界を風靡しつつある日本発の「カワイイ」は、いまやクールジャパンの代表格です。若い女性たちが愛するカワイイグッズは、ファッションからアニメ、ご当地キャラクターなどさまざまな分野に派生しています。多様なヒット商品を生み出す重要な経済資産です。しかし「ユルキャラ」なる張りぼて縫いぐるみ奇態な人形の流行など、この国に蔓延するカワイイの幼児性には、懸念も感じています。一人前のおとながカワイイを連発して子どもぽっさに入れ込むことは、すこぶる気恥ずかしいことと感じています。 カワイイを賛美しそれに成りきっ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/18 20:20
産業廃墟は文化遺産か 近代の時代評価
伊豆韮山の反射炉から長崎の軍艦島にグラバー邸、萩の松下村塾にいたる8県の23施設が明治日本の産業革命遺産として、国際記念物遺跡会議(イコモス)がこのほど、ユネスコに世界文化遺産に登録するよう勧告しました。連休中の日本では、各報道メディアは大歓迎するとともに、さっそく多くの観光客を動員していました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/08 09:00
ヒロシマ70年の迷妄 核廃絶に向けて
広島・長崎への核兵器攻撃から今年で70周年を迎えます。東西冷戦が終結して四半世紀となります。ところが依然として核爆弾がいつでも現役兵器として実戦配備を続けていることに、暗澹たる悲哀と失望を抱いています。核兵器は毒ガスや細菌兵器あるいは対人地雷などとは比べものにならない隔絶した残虐な兵器です。これが国際協定により、開発製造や実戦配備はもとより保持や輸送にいたるまで、野放しの状態となっていることにあらためて驚くべきでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/15 21:36
現代若者の窮状 狂信への傾斜
極めて残忍かつ惨酷な恐怖支配を拡大している「イスラム国」へ、世界の若者達が吸引される困った状況が伝えられています。世界の約80カ国から義勇兵2万人近くが参加とみられています。しかし、イスラム国の内実についてさまざまな憶測や目撃情報がありますが、本当のところその実態はほとんど不明です。さまざまな映像は宣伝用の作り物で真偽のほどは確定できません。伝聞情報も、同様です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2015/02/03 17:16
信仰の尊厳vs言論の自由 宗教戦争回避のために
フランスの週刊新聞シャルリエブド社への襲撃テロ事件に対し全土で1月11日、空前の370万人が参加する追悼抗議デモ・集会が開かれました。参加者の多くは「JE SUIS CHARLIE」とのスローガンを掲げ風刺紙への連帯を表明しました。「私はシャルリ」は狂信者によるテロ非難とともに、言論報道の自由を擁護する合言葉となっています。欧米各国では一斉にこのプラカードが掲げられ、トルコなどイスラム諸国にまで拡大しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/19 22:59
新たな宗教戦争の始まりか イスラム狂信テロの拡大
2015年は新たな宗教戦争が地球規模で始まった年として歴史に残るかもしれません。年明け早々の1月7日、パリ中心部のパロディ週刊新聞「シャルリー・エドブ」事務所を2人のイスラム過激派武装テロリストが襲撃し同紙編集主幹ら12人を殺害、ほかに11人に重軽傷を負わせた事件が発生、世界に大きな衝撃を与えました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/09 14:04
「イスラム国」の原型 超越信仰とテロ
内戦状態のシリア・イラク両国にまたがって武装政権を樹立している「イスラム国(IS)」がテロ国家として、世界中を巻き込み大きな脅威となっています。ISは強硬なイスラム復古主義を掲げ、人質異教徒の首切断、敵対者や投降捕虜の大量虐殺、奴隷制の復活、厳罰主義による公開処刑など暗黒武断の支配地域を広げてきました。周辺アラブ諸国はもとより欧米アジア地域から数千人の若者達を吸収して、国家形態を整備しながら勢力を広げています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/27 16:35

続きを見る

トップへ

月別リンク

神室院武蔵坊瑞泉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる